このページの本文へ移動

【防災危機】大雪に関する気象情報(第2報)(2018年01月10日 17時15分)

2018年 1月 10日

  • 印刷する

 浜田市役所からのお知らせです。

 松江地方気象台の発表によると、島根県の上空には強い寒気が流れ込み、12日にかけて冬型の気圧配置が強まる見込みです。
 このため、島根県の山沿いでは、11日明け方にかけて大雪となるおそれがあります。
 積雪や路面の凍結による交通障害、電線や樹木への着雪、なだれ、雪による見通しの悪化、強風、高波、落雷、突風に注意してください。
 カーポートなどの簡易な建築物や老朽化している建築物などは、倒壊のおそれがあるため、近寄らないよう注意してください。ビニールハウスは、倒壊のおそれがあるため注意してください。

<雪の実況> 
 10日16時現在の積雪の深さ(アメダス速報値)
  浜田市弥栄 39センチ

<雪の予想>
 10日18時から11日18時までに予想される24時間降雪量は、多い所で
  島根県西部 平地 20センチ  山沿い 50センチ

 風当たりの強いところや家の外にある水道管や蛇口の防寒対策や、給湯器の凍結予防を行い、凍結・破損を防ぎましょう。

 今後、気象台の発表する警報、注意報、気象情報などに留意してください。

--------------------------
浜田市役所
安全安心推進課
0855-25-9122(直通)
--------------------------

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る