このページの本文へ移動

【防災危機】大雨に関する島根県気象情報について(第2報)(2018年07月05日 17時13分)

2018年 7月 5日

  • 印刷する

浜田市役所からのお知らせです。

 松江地方気象台の発表によると、梅雨前線が日本付近に停滞し、この前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、前線の活動が活発となっています。
 これにより、局地的に雷を伴った激しい雨が降るため、東部や西部では、5日夜遅くまで低い土地の浸水、河川の増水に、7日にかけて土砂災害にも注意してください。

 また、6日夜遅くまで大気の状態が不安定となるため、落雷や突風にも注意してください。
 梅雨前線は8日頃まで日本付近に停滞するため、大雨が続くおそれがあります。

<雨の予想>
 5日に予想される1時間降水量は、多い所で
  島根県西部 30ミリ

 6日に予想される1時間降水量は、多い所で
  島根県西部 30ミリ

 5日18時から6日18時までに予想される24時間降水量は、多い所で
  島根県西部 100ミリ

 その後、6日18時から7日18時までの24時間降水量は、多い所で
  全域 100ミリから150ミリ

<防災事項>
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、落雷、突風、高波に警戒してください。

 今後、気象台の発表する警報、注意報、気象情報に留意してください。

--------------------------
浜田市役所
安全安心推進課
0855-25-9122(直通)
--------------------------

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る