このページの本文へ移動

会議結果報告(浜田市ふるさと体験村施設経営検証委員会 第3回組織検証部会)

2018年 7月 10日

  • 印刷する
会議結果報告
会議名

浜田市ふるさと体験村施設経営検証委員会 第3回組織検証部会

開催日時

平成30年6月11日(月) 18:30~21:00

開催場所 市役所第2東分庁舎2階南会議室
会議の担当課  弥栄支所 産業建設課
議題

(1)平成30年3月議会の状況等について

(2)関係者の招集について

(3)組織体制等の検証について【非公開】

(4)今後の運営に対する提言について

公開・非公開 一部非公開

主な意見、質問及び協議内容

1 あいさつ(屋田部会長)

2 議題

(1)平成30年3月議会の状況等について
・平成30年3月定例会等での「ふるさと体験村施設」に関する議論を確認。
・平成30年5月弥栄自治区地域協議会での意見を確認。大半が存続を望む一方、一旦休止などして組織や運営の見直しを提案する意見も多かった。

(2)関係者の招集について
・正副委員長と両部会長でヒアリング実施し、質問事項は各自事務局に報告。
・組織部会では理事、従業員それぞれから複数意見を聞くべきで、できるだけ多くの関係者参加を求めたいとの意見あり。(関係者への連絡と了解次第で調整)

(3)組織体制等の検証について【非公開】
・実名入りの職員変遷資料を見ながら意見交換したため、非公開で議論。
・役員や職員の変遷、職員体制の推移、給与、賃金等を確認したほか、職員の入れ替わりが多かったことを受け、退職理由の調査結果を確認。

(4)今後の運営に対する提言について

ア)状況確認を踏まえた意見
・人の入れ替わりが激しかったのは、給与安でなく残業代の未払いが理由と推察。
・賃金未払いへの不満で従業員が定着せず、人手不足による経営悪化の悪循環になったものと推察。組織的に管理する体制もなかった。
・成果に対する見返りがないためモチベーションが上がらなかったと思われる。
・絶対数の少ない弥栄の住民だけの利用では経営は難しいと思われる。
・各部署の責任者が置かれておらず責任の所在が曖昧であった。・公益財団法人への移行で理事の責任が重くなり、目先の利益追求等、様々なことに影響を及ぼしているのではないか。
・監査委員の指摘を理事がどの程度検討されたか疑問。指摘に対する改善策が報告されているが、どこまで実行されているか不明である。
・経営の面でも、業務の面でも、しっかりとした引継ぎの形跡が見えない。

イ)今後の運営に対する提言についての意見交換
・組織部会の提言は、指定管理の選定にあたっての留意事項に関わる部分や指定管理者のチェック体制に関わる部分になるのではないか。
・交流に関する企画に地域住民が関わる仕組みや支援団体等も検討すべき。

3 その他
次回検証委員会(6月14日(木)18:30~)

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る