このページの本文へ移動

会議結果報告(浜田市ふるさと体験村施設経営検証委員会 第2回経営検証部会)

2018年 7月 10日

  • 印刷する
会議結果報告
会議名

浜田市ふるさと体験村施設経営検証委員会 第2回経営検証部会

開催日時

平成30年5月29日(火) 13:00~14:30

開催場所 市役所本庁第2東分庁舎2階南会議室
会議の担当課  弥栄支所 産業建設課
議題

(1)市議会産業建設調査会の状況について

(2)地域協議会での意見について

(3)関係者の招集について

(4)各部門の収支等について

(5)土地建物の評価について

公開・非公開 公開

主な意見、質問及び協議内容

1 あいさつ(的場部会長)

2 議題

(1)市議会産業建設調査会の状況について
・平成30年5月調査会での議会意見を情報提供。
・3月に支所から説明した運営体制が実践されていないとの指摘や、休止して方針を検討するよう促す意見など説明。

(2)地域協議会での意見について
・5月24日での協議会意見を説明。
・地元では宿泊・飲食施設としての必要性の声はあるが、条例の目的である都市との交流拠点としての活用を望む意見はほぼ無かった。

(3)関係者の招集について
・元公社の理事、事務局長、従業員への聴取は、少人数(正副会長、部会長)で実施することとし、質問内容は事前に絞る方針で調整する。

(4)各部門の収支等について
・浴場の光熱水費(予想より少ない)の内訳確認と、交流館と宿泊施設の経費を分類することとし、次回部会までに資料修正することとした。
・宿泊稼働率は、計算方法を修正。(宿泊日数/稼働日数に修正)
・全体で人件費の割合が高いことが問題。
特に食堂部門は人件費と食材原価合算が売上と同額であり経営上問題。

(5)土地建物の評価について
・売却処分の可能性検討のため、交流館周辺の敷地面積を確認する。
・ログハウス敷地が借地であるが、土地建物分割販売は難しい。

3 その他
・今後、指定管理者制度導入を想定した施設イメージ(体験村施設をどのように経営していくべきか?)の意見を持ち寄って部会としての提言をまとめていく。
・次回経営検証部会(6月11日(月)9:30~12:00)

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る