このページの本文へ移動

平成30年度浜田市弥栄自治区地域協議会(第5回)

2018年 10月 26日

  • 印刷する

会議結果報告
会議名

 平成30年度浜田市弥栄自治区地域協議会(第5回)

開催日時

 2018年9月27日(木) 19時00分~19時55分

開催場所  弥栄会館大研修室(浜田市弥栄町長安本郷)
会議の担当課  弥栄支所防災自治課
議題

 報告・協議事項等 計4件

公開・非公開  公開

1 報告事項 

 ⑴  地域協議会委員の就任について

 平成30年7月末日を以て退任された太田委員の後任の人選を自治会長会に依頼し、安城地区まちづくり推進委員会の推薦枠で検討が行われた結果、9月1日付で山本久男委員が新委員として就任されました。 

 ⑵  杵束公衆便所改修について

 杵束公衆便所については、当初7月初旬から9月末までを工期とお伝えしていましたが、業者選定に時間を要しており、予定よりも遅れていることをお詫びします。
 年内の完成予定として、作業を進めています。  

 ⑶  ふるさと体験村の一時「全面休止」について

 ふるさと体験村について、平成30年4月1日から直営で運営を行ってきましたが、このたび9月末日をもって全事業を休止することとりました。
 休止期間は平成30年10月1日から当分の間としており、予定では平成31年の3月31日までとしていますが、場合によっては平成32年3月31日までとなる可能性もあります。
 休止理由については、一連の不祥事による大幅な減収、地域で時間をかけて検討する必要があるという事、施設への妨害行為、施設長の退任、一部市民からの連日にわたる指摘への対応による職員の疲弊、職員の確保が難しい、といった理由から営業継続が困難と判断しました。
 今後の対応については、施設再開に向けて、施設の在り方や次期運営方法、施設運営に係る収支計画等を、市役所の関係部署で検討していきます。
 地域住民によって、施設の位置づけや必要性、運営への参加の可否を検討していただきたいと思っています。
 当面の措置について、休止期間の施設の維持管理は弥栄支所職員によって、最低限の維持管理を予算の範囲内で行っていきます。
 雇用していた臨時職員については、引き続き浜田市の臨時職員として雇用します。
 食堂部門の委託契約については、期間を9月末日までとし、精算については10月以降に対応します。
 利用者の予約については、随時キャンセルの手続きをとります。
  
 休止については委員の承認を得ましたが、一方で過去に行われた監査報告の対応を行わないままであったことについては問題であるとして、委員へ過去の監査報告資料を送付し確認していただくこととなりました。
 また、地域協議会委員4名を中心とした任意の会を設け、今後のふるさと体験村の在り方について検討していくこととなりました。
 検討の結果については、今後地域協議会へも報告をいただくこととなっています。
 

2 協議事項 

 ⑴  浜田市子ども・子育て支援専門部会委員の推薦について

 子育て支援課から、平成32年度から開始する、子ども・子育て支援計画の策定にあたり、専門部会を設けて、その委員を各地域協議会からも募ります。
 任期は平成32年の3月末までです。
 
 互選の結果、大塚美穂委員が推薦されることとなりました。
 

以上

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る