このページの本文へ移動

第18回浜田市都市計画審議会

2019年 2月 27日

  • 印刷する
会議結果報告
会議名 第18回浜田市都市計画審議会
開催日時  平成31年2月13日(水)  13時30分~15時00分
開催場所  浜田市役所5階 議会全員協議会室
会議の担当課  建設企画課
議題

1  浜田都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の変更(島根県決定)について

2  旭都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の変更(島根県決定)について

3 三隅都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の変更(島根県決定)について

公開・非公開  公開

議第1号 浜田都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の変更(島根県決定)について

 浜田都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の変更(島根県決定)について説明

 【質疑応答】

(質問)人口減少、車両通過量減少を検討した都市計画道路に見直すべきではないか。

(回答)防災面、渋滞緩和という意味で都市計画決定がされた都市計画道路であり、必要な道路である。事業実施の際には、そういったことを考慮しながら実施していく。

(質問)今後、浜田市はコンパクトなまちづくりを行うために委員会等の組織を発足されるのか。

(回答)今すぐにというわけではない。今後、そういったことを考えていくために記載されている。

(質問)交通体系の整備方針に竹迫インター及び南北線として通用する道路(竹迫インターから中心市街地までの道路)が書かれていないことを見直してはいかがか。

(回答)貴重なご意見として承る。

 〈下記意見を付して、承認〉

 今後、人口や車両の減少等に伴い、現在の都市計画道路の見直しが必要になった場合は検討されたい。

 議第2号 旭都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の変更(島根県決定)について 

旭都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の変更(島根県決定)について説明

【質疑応答】

(質問)工業団地第3工区の整備計画があるが、計画案に記載されていない。浜田八重可部線の整に伴い、南部地区中心部の住宅地の配置が今後変わるはずだが、計画案に記載されていい。

(回答)浜田八重可部線の整備計画は、県の都市マス計画案に位置付けるほどの具体的な計画がなていない現状である。浜田八重可部線の整備に伴う宅地造成については、立ち退きが必要方に対する代替地の必要性はある。旭支所を含めて、まちづくりを考えていくことになる。

〈下記意見を付して、承認〉

 今後、主要地方道浜田八重可部線の改良に伴うまちづくり計画や関連計画が具体的になった際には、旭都市計画区域の整備、開発及び保全の方針を変更されたい。

 議第3号 三隅都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の変更(島根県決定)について

 三隅都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の変更(島根県決定)について説明

【質疑応答】

(質問)岡見地区等住宅団地について、旧計画では、西河内地区は含まれていたが、変更になったということは、こういうのは、改善されたという考え方なのか。

(回答)三隅都市構造図には、西河内地区が住宅地として示されている。住宅団地が造成され、居住の区が埋まっているという現状を考えると、引き続き良好な住環境の維持は必要である。西河内地区を、土地利用に関する主要な土地計画の決定の方針についてに追加記載したい。計画案に記載されてる「岡見地区等」の「等」に西河内地区は含まれていると思われる。

〈承認〉

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 都市建設部 建設企画課 (北分庁舎3階)
    電話:0855-25-9601   FAX:0855-22-6500   メールアドレス:kensetsukikaku@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る