このページの本文へ移動

市が発行する文書の元号の表記について

2019年 4月 1日

  • 印刷する

  市が発行する文書の「年」の表記は、原則として元号を使用しています(文書の種類や内容などによっては、西暦を併記するなどしているものもあります。)。

  4月1日に新元号が公表されましたが、新元号は5月1日以降から使用することから、市が発行する文書については、原則として5月1日以降に発行する文書から新元号を使用します。

  ただし、納税通知書などのように、用紙の印刷やシステムなどの関係から、5月1日以降であっても「平成」で表記しているものがあります。

 また、市が策定している各種計画や既に発行している許可証等についても、5月1日以降の日付を「平成」で表記しています。

  このように、新元号が使用されるべき日付に「平成」が用いられている場合であっても、法律上の効果が変わることはありませんので、新元号の対応する日に読み替えていただきますよう、ご理解をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る