このページの本文へ移動

違反対象物公表制度の概要

2019年 6月 4日

  • 印刷する

浜田市は令和2年4月1日から開始します。

違反対象物公表制度とは?

建物を利用しようとする方が、その建物の危険性に関する情報を入手し、建物利用の判断ができるよう、消防が把握した「重大な消防法令違反」を公表する制度です。

公表の対象となる建物

飲食店、百貨店、宿泊施設などの不特定多数の方が利用する建物や病院、社会福祉施設などの避難が困難な方が利用する建物です。

公表の対象となる違反

消防法令により建物に設置が義務付けられている「屋内消火栓設備」「スプリンクラー設備」「自動火災報知設備」のいずれかが消防法令に違反して設置されていないものです。

公表する内容

建物(防火対象物)の名称

建物(防火対象物)の住所

違反の内容

消防長が必要と認める事項

公表の方法

浜田市ホームページに掲載します。

公表制度のリーフレット

公表制度を解説したリーフレット(1309KB)(PDF文書)はこちら

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る