このページの本文へ移動

消費税の引上げに伴う下水道使用料の改定について

2019年 7月 31日

  • 印刷する

  令和元年10月1日より、消費税率が8%から10%に引き上げられます。
 この消費税の引上げに伴い、下水道使用料(集落排水処理施設・市設置の浄化槽含む。)の改定を行います。
 今後も、よりよい市民サービスが提供できるよう努めていきますので、ご理解とご協力をお願いします。

 

下水道使用料(1月につき)

区分  使用料 改正前 改正後
一般汚水 基本料金 10立方メートルまでの分 1,620円 1,650円
超過料金(1立方メートルにつき) 10立方メートルを超え20立方メートルまでの分 135円 137.5円
20立方メートルを超える分 210.6円 214.5円
公衆浴場等汚水 1立方メートルにつき 97.2円 99円

 

計測器具の使用料(1月1個につき)

  改正前 改正後
13mm 118.8円 121円
20mm 162円 165円
25mm 183.6円 187円
30mm 216円 220円
40mm 432円 440円
50mm 1,652.4円 1,683円


 ※経過措置について
  令和元年10月1日以前から継続して使用している場合は、以下のとおり経過措置(経過措置期間令和元年10月31日)があります。

 〇令和元年10月31日までに検針がある場合
   全額旧税率(8%)が適用されます。

 〇経過措置期間の後(令和元年11月1日以降)初めての検針日が前回検針日から2ヶ月以内の場合
   経過措置期間を月割計算することとなり、全額旧税率(8%)が適用されます。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る