このページの本文へ移動

浜田市

ヒートショックに注意をしましょう!

                    

ヒートショックとは何か知っていますか?

  急激な温度差によって、体に及ぼす影響のことです。特に起こりやすいのは体の弱い高齢者で、寒い冬場の発生率が格段に上がります。

                のぼせ       いぬびっくり    

その原因とは?

 冬場に暖かい部屋から寒い脱衣所に移動し、そこで衣服を脱いで裸になり、冷え切った浴室に入ると血管がびっくりして縮み、血圧が上昇します。その状態で浴槽に入ると、急に体が温まるため、血管は広がりだし、今度は逆に血圧が下がってしまいます。そのため、心臓に大きな負担をかけて、ヒートショックを招くのです。およそ10度以上の温度差があると危険とされており、注意が必要です。                                              

影響を受けやすい人の特徴とは?        ヒートショック

  一般的に65歳以上の高齢者は、どれだけ健康に自信があったとしても入浴には注意が必要です。ですが、心配なのは高齢者だけではありません。糖尿病や高血圧症などの成人病の持病がある人、コレステロール値が高くメタボリック症候群あるいはその予備軍の人なども、急激な血圧の変化で、ヒートショックになってしまう危険があります。

 

予防のポイント!

血圧が乱高下しないようにするため、入浴時の温度差をなるべく少なくすることが重要です。

 

★入浴時に注意すること★

(1)入浴前に脱衣所や浴室は暖め、湯温は41℃以下にする  

(2)湯船につかる時間は10分以内にする

(3)浴槽から出る時は急に立ち上がらない

(4)夕食前に入浴する

(5)飲酒後の入浴は控える

(6)特に高齢の方は、入浴前に家族にひと声かける       

  ◎くわしくは 指さし  高齢者の事故 (出典:消費者庁ウェブサイト)

 

家の中にも危険がいっぱい!

 事故の原因を知って対策をしましょう!

高齢者      子供    

 

救急事故防止リーフレット (出典:総務省消防庁)

                                                              

 


このページに関するお問い合わせ先

Copyright © Hamada City All Rights Reserved.