このページの本文へ移動

子宮頸がん予防ワクチンの接種は積極的な勧奨を差し控えています

2019年 12月 1日

  • 印刷する

 子宮頸がん予防ワクチンの接種については、平成25年6月14日付厚生労働省健康局の勧告において積極的な接種勧奨を差し控えることとなっています。

 なお、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではありません。対象となる方で接種を希望される場合は、定期接種として無料で接種することができます。

対象となる方

浜田市に住民登録されている方で、小学校6年生から高校1年生相当の女子。

※標準的な接種年齢は中学1年生としています。

接種回数とスケジュール

・接種回数:3回 (3回接種しないと十分な予防効果はありません。)

・子宮頸がん予防ワクチンは2種類あります。ワクチンの種類によって接種間隔が異なりますのでかかりつけ医にご相談ください。

自己負担金

無料

接種を希望される場合、下記のダウンロード先の文書をよくお読みいただき、ワクチンの有効性と安全性等について十分に理解したうえで接種してください。 

HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(外部サイト:厚生労働省ホームページ)

HPVワクチンを受けるお子様と保護者の方へ(外部サイト:厚生労働省ホームページ)

【参考】

子宮頸がん予防ワクチンに関する情報(外部サイト:厚生労働省ホームページ)

 ※接種を希望される方は子宮頸がん予防ワクチンの接種の取り扱いについて医療機関にお問い合わせいただき、予約をして接種を行なってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 健康福祉部 健康医療対策課
    電話:0855-25-9320   メールアドレス:kenko@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る