このページの本文へ移動

友永 悠さん(兵庫県からIターン)

2020年 3月 19日

  • 印刷する

 

2018年Iターン

 兵庫県西宮市出身。浜田市に住んでいた祖母の家が空き家になったことをきっかけに移住を考え始める。平成29年度に浜田市が企画した仕事・暮らしの体験ツアーに参加する。インターンシップの後、就職・Iターンする。(インタビュー:2019年8月)

 

移住のきっかけ

 母の実家がある浜田には、ときどき家族で帰っていました。祖母が亡くなったため「空き家になった家をどうするか」という話になったとき、浜田で遊んだ楽しい思い出がよみがえってきました。「祖母との思い出の家を残したい」という気持ちが、Iターンを考えるようになったきっかけです。

 

移住の決め手

 浜田市のインターンシップで仕事を体験させてもらい、自分が働いたときの具体的なイメージができたことがIターンの決め手になりました。

 

浜田暮らしの良いところ

 通勤時間が短いので、通勤にかかるストレスが少ないです。自然が多いので、アウトドアにすぐ行けることや、交通費が少なく抑えられることです。  

浜田暮らしの悪いところ

  様々なコミュニティに入るには敷居が高く、自分から踏み出す必要があるところです。

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 地域政策部 定住関係人口推進課
    電話:0855-25-9511   メールアドレス:teiju@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る