このページの本文へ移動

新型コロナウイルス感染症対策水産加工事業者等応援給付金

2020年 7月 28日

  • 印刷する

新型コロナウイルス感染症の影響により、売上の減少した水産加工事業者、鮮魚仲買事業者に対し、応援給付金を支給します。

申請受付期間:令和2年8月3日(月)~12月28日(月)
※申請方法については、下記をご確認ください。

補助対象者

浜田市内に主たる事業所を有し、下記のいずれかに該当する事業を実施する中小企業者・個人事業主

(1)水産加工業者
 ・日本標準産業分類小分類の内、水産食品製造業を行う事業者
  (水産缶詰・瓶詰製造業、海藻加工業、水産練製品製造業、塩干・塩蔵品製造業、冷凍水産物製造業、冷凍水産食品製造業、その他の水産食品製造業)

(2)鮮魚仲買事業者
 ・浜田水産物地方卸売市場の買参権を有し、日本標準産業分類細分類の内、生鮮魚介卸売業を行う事業者
  (鮮魚卸売業、貝類卸売業、川魚卸売業、冷凍魚卸売業)

 ※日本標準産業分類一般原則(抜粋):複数の分類項目に該当する経済活動が行われている場合は、主要な経済活動によって決定する。

給付要件

令和2年2月~10月までのいずれかの月における売上高が対前年同月の売上高と比較して20%以上減少していること。

ただし、減少率20%未満の場合でも、下記のいずれかに該当する事業者については、支給の対象とする。

 令和2年2月~10月までのいずれかの月において、売上高が前年同月比で減少しており、
(1)常時使用する従業員を21人以上雇用していること
(2)生鮮魚介類の仕入高の内、浜田漁港産が80%以上を占めていること

※国の持続化給付金の給付を受けた事業者についても、給付対象となります。

給付額

(1)定額分:常時使用する従業員数
 (常勤役員含む)が1人から10人まで 
・・・ 一律50万円

(2)加算分:常時使用する従業員数
 (常勤役員含む)が10人を超える事業者
 ・・・ 一人につき5万円
                 (ただし、上限は100万円とする)

※常時使用する従業員とは、従業員の内、雇用保険の被保険者とする。
※常勤役員とは、役員の内、社会保険の加入者及び代表取締役とする。

申請方法

以下の必要書類一式((1)~(6))を郵送又は窓口にてご提出ください。

 → 郵送:浜田市水産振興課(〒697-8501 浜田市殿町1番地)

 → 窓口:相談・申請窓口を下記のとおり開設します。
      ※電話にて事前予約をお願い致します。

(1)8月3日(月)~8月5日(水) 9時~17時
       場所:浜田市公設水産物仲買売場2階会議室
   予約電話番号:浜田市水産振興課 TEL:0855-25-9520

(2)8月3日(月)~12月28日(月) 9時~17時〔土日祝日除く〕
       場所:浜田市役所本庁舎4階講堂
   予約電話番号:浜田市事業者支援補助受付窓口 TEL:0855-25-9155

必要書類

(1)申請書兼請求書
 【様式1号(Word PDF 記入例)】

(2)誓約書
 【様式2号(Word PDF 記入例)】

(3)売上高の減少率が確認できる書類
 【比較する月の売上高が確認できるもの(前年の売上高等)】
  (例)法人の場合:法人概況説明書
     個人の場合:確定申告書 等の写し

 【令和2年2月~10月までの間のいずれかの月の売上高がわかるもの】
  (例)試算表、損益計算書、勘定元帳、売上台帳 等の写し

(4)主たる事務所又は事業所の所在地、事業開始年月日及び事業内容を確認できる書類の写し
 【法人登記履歴事項全部証明書、確定申告書類、開業届 等いずれかの写し】

(5)給付金対象月の末日の従業員数が確認できる書類
 【給付対象月の労働者名簿、役員名簿、賃金台帳 等の写し】

(6)生鮮魚介類の仕入高の内訳が確認できる書類
              (給付要件(2)に該当する事業者のみ)

 【給付対象月の仕入帳 等の写し】

要綱・様式等

浜田市新型コロナウイルス感染症 水産加工事業者等応援給付金 交付要綱

応援給付金チラシ

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市事業者支援窓口
    電話:0855-25-9155  
  • 浜田市水産振興課
    電話:0855-25-9520   FAX:0855-23-371   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る