このページの本文へ移動

H20行政評価結果(事業費補助金)

  • 印刷する

行政評価の実施結果ー事業費補助金ー

はじめに

 新浜田市では、平成18年2月に「浜田市行財政改革大綱」を策定し、聖域を設けずに、市民の視点に立った市民本位の行財政改革に取り組んでいます。
 この大綱では、改革のテーマとして財政運営の健全化を掲げ、旧浜田市で平成16年度から実施してきた「行政評価制度による事務事業の見直し」に引き続き取り組むことにしており、この行政評価の積極的な推進を図ることにより、最少の経費で最大の効果を得られるような行政運営を進め、市民の満足度を高める市政の実現を目指しています。
 平成20年度は、特に事業費補助金に対象を限定し、各部で金額の多い半数(新規事業を除く)を評価し、効率的で実効性のある行政評価に取組みました。

 そして、二次評価では外部委員を交えたヒアリングを実施し、その結果を平成21年度以降の予算編成に反映させることとしました。
 今後は、これまでの結果を踏まえ、問題点等を整理し、改善を加えながら行政評価に取り組んでまいります。

 ○行政評価の実施結果-平成19年度事業費補助金-
 ○行政評価の実施結果(評価票)
  ・総務部、企画財政部
  ・市民福祉部
  ・産業経済部
  ・建設部
  ・教育委員会

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る