このページの本文へ移動

平成30年度事務事業評価の実施結果

2018年 9月 28日

  • 印刷する

 本市では、第2次浜田市総合振興計画に掲げる「住みたい 住んでよかった 魅力いっぱい 元気な浜田 ~豊かな自然、温かい人情、人の絆を大切にするまち~」を将来像とし、政策・施策の実現のため、様々な事務事業を実施しています。また、平成27年11月に「浜田市行財政改革大綱」を策定し、行政のスリム化や市民との協働によるまちづくり、安定した財政基盤の構築を目指し、行財政改革に取り組んでいるところです。
 更なる行財政改革の推進に当たっては、職員数の削減が必要であるとともに、費用対効果を踏まえた効果的な事業実施に向けた、事務事業の見直しが必要となります。
 このため、事業のスクラップ&ビルドや業務のアウトソーシング等により、事務事業を削減することを目的として、事務事業評価を実施しました。
 今後は、評価結果に基づき、業務の削減や効果的な事業の実施に向けて取り組みます。


平成30年度 事務事業評価の実施結果
  事務事業評価の概要や評価結果等をまとめたものです。

平成30年度 事務事業評価の実施結果 別冊
  評価概要一覧と事務事業評価シートです。

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る