このページの本文へ移動

浜田市

令和2年度 各種がん検診について

7月から、中止していたがん検診を再開します。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月・6月の各種がん検診(集団検診)を中止していましたが、7月から再開します。

今後も感染拡大防止対策は必要ですので、市民の皆さまには次のことをお願いします。

〇検診車による胃がん検診・子宮頸がん検診を予約制とします。

 予約の受付は、7月1日(水)からです。7月以降の日程の予約を受け付けます。

 申し込み先:浜田市健康医療対策課 健康づくり係 電話25-9311

         金城支所市民福祉課 電話42-1235

         旭支所市民福祉課 電話45-1435

         弥栄支所市民福祉課 電話48-2656

         三隅支所市民福祉課 電話32-2806

 ※申し込み状況によっては、ご希望に添えない場合もあります。

〇結核肺がん検診を受診する際は、問診票を事前にご記入の上受診してください

 問診票の記入事項が多く、受付で時間がかかると、検診会場が密になる可能性があります。事前に記入いただくことで、スムーズに検診が実施できますので、ご協力お願いします。

 問診票はこちらからダウンロードできます。→結核肺がん検診 問診票(胸部(X線)検診票)

 広報4月号と一緒に配布した各種健(検)診日程表7ページにも掲載しています。他にも浜田市役所健康医療対策課(本庁舎1階9番窓口)や各支所市民福祉課、各市立公民館にも設置しています。検診時期にあわせて全戸配布しますので、ご活用ください。

〇乳がん検診は従来通り、島根県環境保健公社(電話:0570-085-111 音声案内後(3)を押す)に申し込みをしてください。7月日程分は、6月1日から予約の受付を開始しています。

〇検診当日は体温チェックして、発熱・咳など体調不良の人は、受診を取りやめてください。また受診する際は、マスクの着用をお願いします。

※今後、新型コロナウイルス感染症の流行状況によっては、急遽中止になることがあります。

乳がん検診に追加日程を設けます。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、5月・6月中止になった日程の代替日程として、検診車による乳がん検診を追加します。

追加になる日程は、次のとおりです。

9月17日(木) 8:30~9:30 ふれあい会館(金城町今福)

        10:00~11:00 ときわ会館(金城町波佐)

        13:30~14:30 弥栄会館(弥栄町長安本郷)

        15:00~16:00 弥栄老人福祉センター(弥栄町木都賀)

予約開始日:8月3日(月)から

島根県環境保健公社(電話:0570-085-111 音声案内後(3)を押す)にお申し込みください。

※申し込み状況によっては、ご希望に添えない場合もあります。

下記に掲載している各種がん検診は、住所地に関わらず、どの会場でも無料で受けることができます!(ただし、浜田市に住民票がある人が対象となります)

受診の際には、本人確認できるもの(健康保険証、運転免許証等)をご持参ください。

年度内に同じ検診を複数回受けられた場合、2回目以降は全額自己負担となります。子宮頸がん検診のHPV検査と妊婦健診のHPV検査は、同じ検査です。ご注意ください。

令和2年度から変更があります!

1.結核肺がん検診となります。

  従来「結核検診」と「肺がん検診」でしたが、今年度より「結核肺がん検診」として実施します。40歳以上64歳以下の人は、肺がん検診として実施します。65歳以上の人は結核肺がん検診として、1回のX線検査で結核検診と肺がん検診の両方が受けられます。

2.子宮頸がん検診を医療機関で受ける場合、対象年齢が20歳~59歳までになります。

  これまでは49歳まででしたが、59歳まで引き上げます。

3.検診車で受ける場合の予約先である「島根県環境保健公社」の電話番号が変わります。

  4月からナビダイヤルに変更になります。電話0570-085-111にかけると、「浜田支所は3番」と音声案内があるので、続けて(3)を押してください。 

がん検診を受けるにあたって

住所地に関わらず、どの会場でも無料で受けることができます。ご都合の良い日程をお選びください。

 〇 がん検診の受診間隔

 〇 「メリット・デメリット」、「デメリットを避けるために」、「気になる症状がある場合」

 がん検診の種類で探す

 問診票はこちらからダウンロードできます。→結核肺がん検診 問診票(胸部(X線)検診票)

◎月に1回は、自分で乳房に触れて自己検診をしましょう。しこりかな?と思うものに触れたら、検診を待たずに、すぐに乳腺科を受診しましょう。

 

◎子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染が原因であることがわかっています。

 HPVは、性交渉の経験のある女性なら、一度は感染するといわれているほど、ごくありふれたウイルスです。子宮頸部の細胞にHPVが感染しても、多くの人は自覚症状がないまま、免疫でウイルスは消失します。ところが、約10%の人はHPVの持続感染状態となり、子宮頸部の細胞に『異形成』という異常を引き起こし、およそ6~10年という長い年月を経て子宮頸がんへと進行していく可能性があります。

 浜田市が実施する子宮頸がん検診では、「細胞診」と「HPV(ヒトパピローマウイルス)検査」を同時に受診することができます。細胞診やHPV検査は、子宮頸部の表面をブラシでぬぐって行うので基本的には痛みはありません(痛みの感じ方には個人差があります)。

検診の受診間隔は検査結果によって異なりますので、検査機関で必ず確認しましょう。また、 受診の結果、精密検査が必要となった場合は、お早めに医療機関を受診してください。月経日以外の日に不正出血などの症状がある場合は、検診を待たずに、すぐに婦人科を受診しましょう!

 ●細胞診…子宮頸部の細胞を採取して、細胞に異常がないかを検査します。

 ●HPV検査…細胞診の際に採取した同じ細胞を利用して検査します。採取した細胞に感染したHPVが陰性になり、消えているかを調べます。

 

特定健康診査・後期高齢者健康診査・健康診査(生活保護)・前立腺がん検診・肝炎ウイルス検診 指定医療機関  ※変更あり

◎大腸がん検診の流れ

浜田市    (1)検診受付時に容器配布(検診日程をご確認ください)

 ↓

受診者    (2)2日間採便し、容器を返信用封筒に入れてポストに投函する。

 ↓

検査機関   (3)検診結果は、検便容器を郵送後、2~3週間後に受診者へ郵送で届きます。

がん検診の日程で探す

がん検診などの情報を発信しています!「浜田市健康情報」をご活用ください。

フォローをお願いします!

Facebook 「浜田市健康情報」

   FB

~行こう 誘おう がん検診~ 自分自身のために、大切な家族のために、がん検診を受けましょう!!

問い合わせ先:浜田市健康福祉部 健康医療対策課 健康づくり係

電話 0855-25-9311


このページに関するお問い合わせ先

Copyright © Hamada City All Rights Reserved.