このページの本文へ移動

浜田市

広浜鉄道今福線最大の見どころ「第一下府川橋梁」

 メイン

広浜鉄道今福線最大の見どころである「第一下府川橋梁」に転落防止柵が設置され、自由に立ち入り、見学することができるようになりました。
第一下府川橋梁は、戦前に着工された旧線(4連アーチ橋)と、戦後に着工された新線(第一下府川橋梁)の新旧未成線が交差し、その遺構を同時に眺めることができる全国的にもたいへん珍しい場所です。
自然の中にたたずむ、歴史的にも土木的にも価値のある鉄道遺産たちを、ぜひご覧ください。

※遺構巡り時の注意事項

・立入禁止区間には入らないでください。
・地域住民の方の迷惑にならないようご配慮ください。

広浜鉄道今福線を「知りたい」という方

以下のホームページで遺構の詳しい情報や、位置、おすすめコースを紹介しています。

【浜田市ホームページ】広浜鉄道今福線

【はまナビ(浜田市観光協会)】幻の鉄道遺産「広浜鉄道今福線」(外部リンク) 

【はまナビ(浜田市観光協会)】幻の広浜鉄道今福線を巡る女子旅コース(外部リンク)

周辺スポット

4連アーチ橋

4連アーチ橋

戦前に計画された広島と浜田を結ぶ広浜鉄道の島根県側ルートのうち、旧国鉄山陰線の下府駅から石見今福駅までの間で着工された橋梁のひとつ。昭和13年頃に完成し、全長は62mです。
※立入禁止区域。特別な許可で見学できます。

第一下府川橋梁

第一下府川橋梁

戦後、今福線旧線とは別に浜田駅を起点として工事が再開した今福線新線の橋梁のひとつ。昭和46年に完成したコンクリート橋。橋桁は周辺の路盤上で製造し、滑車を使って移動させて架けられました。 

下長屋トンネル

 下長屋トンネル

 浜田市佐野町と金城町今福を結ぶ全長1,633mの直線トンネルです。入口と出口でトンネルの形状が異なる不思議な構造となっています。佐野側は昭和47~49年に、今福側は48~50年に施工されました。
※立入禁止区域。特別な許可で見学できます。

鉄楽の道

鉄楽の道

 第一下府川橋梁へと続く約400mの直線路盤で、鉄道を楽しむ道として「鉄楽の道」と名付けられました。2007年に公開された映画「天然コケッコー」のロケ地にもなりました。
 

地図情報

浜田市佐野町内


このページに関するお問い合わせ先

Copyright © Hamada City All Rights Reserved.