このページの本文へ移動

浜田市子育て支援サイト

教育上特別な配慮が必要な子どもの支援について

ちょっと気になる子どもさんや発達障がいのある子どもさんには、「教育上特別な配慮が必要なこども」として、本人の状況に合わせた支援を行います。

支援の基本目標

 浜田市教育委員会では教育上特別な配慮が必要な児童生徒、特に知的障がい、自閉症情緒障がい、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障がい(LD)などの発達障がいのある児童生徒への支援を行うにあたり次の目標を持って取り組んでいます。


  1. 障がいのある子ども一人ひとりの教育的ニーズを把握し、個に応じた適切な教育を行い、持てる能力を最大限に伸ばすことを目指します。
  2.  障がいに基づく種々の困難を改善・克服し、持てる力を活かすことによって可能な限り社会的に自立し、地域の一員として貢献する意欲を培うことを目指します。
  3. 学校・家庭・地域及び関係機関の連携のもとに、乳幼児期から青年期に至るまで一貫性のある教育を目指します。

 

ライフステージにあわせた支援

 子どもの各ライフステージにおいて福祉・医療的な支援と連携を取りながら教育的支援を行います。絶え間なく、円滑な支援を行うために、保護者さんに「相談支援ファイル」のご利用をお勧めしています。

相談支援ファイルとは
  1. 子どもさんの発達の様子を客観的・長期的に記録します。
  2. その記録を基に子どもさん本人やその家族と関係者が話し合います。
  3. 支援する関係者の連携、就学、進学時の引継ぎに役立てます。

ライフステージを通した支援

  • この「相談支援ファイル」は保護者さんが保管し、相談のときにご利用いただくものです。
  • 「相談支援ファイル」を希望される方は、下部のお問い合わせ先 にお電話ください。
  • 保育所(園)・幼稚園・認定子ども園に記入をお願いするページが有ります。先生にご相談ください。
  • 「個別の教育支援計画」、「個別の指導計画」をこのファイルに綴じてください。
  • 「相談支援ファイル」記載された内容は、重要な個人情報です。保護者さんは保管に十分注意をしてください。また、関係機関がこのファイルの記載事項をコピー等して利用する場合は、保護者さんの同意が必要になります。

【相談支援ファイルの書式】

書式データを次のとおり掲載します。印刷してご利用ください。

表紙

【様式1】 プロフィール

【様式2】 個人データ (保・幼)

【様式3.4.5】 個人データ (小・中・高)

【様式6.7】 その他資料

 

 


このページに関するお問い合わせ先

Copyright © Hamada City All Rights Reserved.