このページの本文へ移動

浜田学校給食センター 毎日の献立

2021年 5月 13日

  • 印刷する

給食 

5月13日献立

かつおの旬は初夏と秋で年2回あります。
一年かけて日本近海を回遊する魚です。
初夏には、黒潮にのって、いわしなどを追いかけ北へ上っていくことから
「のぼりがつお」と呼ばれています。
かつおは、たんぱく質が多く、ギタミンA・B1・B2や鉄分のほか、
血液をさらさらにする働きのあるDHC、EPAを多くふくんでいます。
栄養満点のかつおを残さず食べましょう。

【今日の献立】
ご飯
主菜 かつおの甘酢かけ
副菜 ほうれん草のごま和え
汁等 豚汁
牛乳

給食

5月12日献立

今日は豚肉のお話をします。
5月は、だんだんと新しい環境にも慣れてくる頃ですが、疲れも出てくる時季でもあります。
そんなときはビタミンB1という栄養素をたくさんふくんだ豚肉がおすすめです。
豚肉には体の疲れをとったり、ごはんやパンがエネルギーに変わるのを
助けたりするはたらきがあります。
今日は、豚肉とピーマン、玉ねぎを使った炒め物です。
ごはんと一緒にもりもりしっかり食べて元気に過ごしましょう。

【今日の献立】
玄米ご飯
主菜 豚肉とピーマンの炒め物 
副菜 切干大根サラダ
汁等 わかめスープ
牛乳

給食

5月11日献立

今日は「満点朝ごはんの日」です。
朝ごはんは、パンやご飯だけ…という人はいませんか?
いくらパンやご飯だけたくさん食べても、脳や体はうまく働きません。
大事なのは、おかずも一緒に食べることです。
今日のみそ汁のように、野菜をたっぷり入れたり、卵を入れたり工夫すると、
一杯のみそ汁で、たくさんの栄養素を補給することができます。
忙しい朝は、できることを考え工夫できるといいですね。

【今日の献立】
ご飯
主菜 トマトオムレツ
副菜 糸昆布の炒め煮
汁等 厚揚げのみそ汁
オレンジ
牛乳

給食

5月10日献立

今日は、「さば(鯖)」のお話をします。
さばは、あじやいわし、さんまなどの背の青い魚、いわゆる青魚の仲間で、
体をつくるたんぱく質や、血液をさらさらにしたり脳の働きを活性化させたりする
DHAやEPAと呼ばれる脂を多く含んでいます。
日本では、焼き魚や煮魚、寿司、しめさば等としてよく食べられる他、
めんつゆの原料などとしても使われています。
さばは、浜田でもよく獲れる魚で、今日の給食のさばも浜田で獲れたものを使っています。  

【今日の献立】
ごはん
主菜  さばの塩焼き
副菜  昆布野菜
汁等  つくね入りすまし汁
牛乳
 

給食

5月7日献立

「♪夏も近づく八十八夜~♪(歌ってください)」という歌い出しで
有名な「茶摘み」という歌がありますが、歌詞にある八十八夜とは、
立春から数えて88日目を指し、今年は5月1日でした。
春から夏に季節が移る節目の日とされています。
この時期には茶摘みが盛んになり、八十八夜の日に摘んだお茶を飲むと
1年間健康でいられると言われています。
今日は、浜田産のお茶を鶏肉のから揚げの衣に混ぜています。
お茶の風味を楽しんで食べてください。  

【今日の献立】
ごはん
主菜  鶏肉のお茶揚げ
副菜  ほうれん草の納豆和え
汁等  じゃがいものみそ汁
牛乳

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る