このページの本文へ移動

心肺蘇生法をご存知ですか?

2020年 6月 2日

  • 印刷する

応急手当の重要性

 私たちは、いつ、どこで、突然のけがや病気におそわれるかわかりません。そんなときに、家庭や職場でできる手当てのことを応急手当といいます。病院に行くまでに応急手当をすることで、けがや病気の悪化を防ぐことができます。
 けがや病気の中で最も緊急を要するものは、心臓や呼吸が止まってしまった場合です。心筋梗塞(心臓の病気)や脳卒中(脳の病気)などは、何の前触れもなく起こることがあり、心臓と呼吸が突然止まってしまうこともあります。ついさっきまで元気にしていたのに、突然、心臓や呼吸が止まってしまった・・・・・・・。こんな人の命を救うために、そばに居合わせた人ができる応急手当のことを救命処置といいます。

 心肺蘇生法とは、胸を強く圧迫する「胸骨圧迫」と、口から肺に息を吹き込む「人工呼吸」によって、止まってしまった心臓と呼吸の動きを助ける方法です。

 は、心臓が止まると15秒以内に意識がなくなり、3~4分以上そのままの状態が続くと回復することが困難となります。心臓が止まっている間、心肺蘇生によって脳や心臓に血液を送り続けることがAEDの効果を高めるとともに、心臓の動きが戻った後に後遺症を残さないためにも重要です。命が助かる可能性は時間とともに減っていきますが、そばに居合わせた人が心肺蘇生を行った場合には、その減り方がずいぶんとゆっくりになります(図1)。このことからもわかるように、傷病者の命を救うためには、その場に居合わせた「あなた」が心肺蘇生を行うことが最も大切なのです。 

救命曲線

 

   CPR

   
 
 
 
  

もしも・・・の時は!

 浜田市では、常時使えるAEDと心肺蘇生法が行える人がいる「まちかど救急ステーション」事業を行っています。ここに駆け込めば手を貸してくれる仕組みです。
 何か起こった時にすぐに駆け込めるように、身近にある「まちかど救急ステーション事業所」を確認しておきましょう!
 
 
 
 その他、市内にはAEDを設置している事業所が300以上あり、いざという時には一般市民の方も利用可能です!ご自宅、勤務先、学校などから最も身近にあるAEDはどこにあるのか?ぜひご確認ください。
 
 ・ AED設置事業所  浜田自治区   金城自治区   旭自治区     
 
                弥栄自治区   三隅自治区      
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る