このページの本文へ移動

市内で活動する地域おこし協力隊を紹介します

2018年 7月 10日

  • 印刷する

地域おこし協力隊とは…

 人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を活用することで地域活性化に寄与し、その定住・定着を図ることで地域力の維持・強化を図る制度です。
 現在、浜田市では3名の地域おこし協力隊が活動しています。

隊員紹介

隊員No.1

名前

 浅見 治輝(あさみ はるき)

協力隊着任日

 令和2年2月1日

前住所

 大阪府

活動内容

 ブルーツーリズム推進による観光・地域振興

一言コメント

 浜田市の国府海岸で活動させていただいています。きれいな海で1年中遊べるような提案ができるようにがんばります! 

 

隊員No.2

 名前

 齋藤 慎介(さいとう しんすけ)

協力隊着任日

 令和2年5月1日

前住所

 東京都

活動内容

 後継者不在事業所の後継候補者として事業承継を行う

一言コメント

 地域の皆様と共に浜田市を活気に溢れた地域に!そして次世代の子ども達に愛される郷土にしたい想いから当事業の活動をしています。どうぞ宜しくお願いします。

 

隊員No.3

名前

 松田 英貴(まつだ ひでき)

協力隊着任日

 令和2年9月7日

前住所

 東京都

活動内容

 後継者不在事業所の後継候補者として事業承継を行う

一言コメント

 玄人のための自然が残る場所・・・それが島根だと思います。そんな場所で、大自然と生き物にふれ、生き方を学びたい!そんな思いを馳せ浜田の地にやって来ました。浜田を元気に!企業を元気に!そして日本を元気に!

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る