ここから本文です。

その他(4)

バラエティ豊富なサイドメニュー。お魚料理とご一緒にいかがでしょうか。

 

・えんどう豆ごはん     ・手作りジンジャーエール     ・吸い物     

・ちらし寿司

 

●えんどう豆ごはん●

 

【材料】(5人分)

・米……3合

・えんどう豆………150g

・塩………小1

・酒……大1

 

 

【作り方】

(1)  えんどう豆を2分くらい茹でる。

(2)  米を洗って、水、酒、塩を入れて普通に炊く。

(3)  炊き上がる5分前に(1)を入れ蒸す。

 ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●手作りジンジャーエール●

【材料】(5人分)

・生姜………100g

・水…………200g

・砂糖………100g

・はちみつ……大1

・鷹の爪……1本

・炭酸水……500CC

・輪切レモン…5枚

・ミントの葉…5枚

・氷…………適量

 【作り方】

(1)  生姜を皮ごとスライスする。

(2)  鷹の爪の種を取り除く。

(3)  全ての材料を鍋に入れる。

(4)  沸騰手前で弱火にして10~15分煮る。

(5)  粗熱が取れたら保存瓶に入れて保存する。

(6)  好みで炭酸水で割る。

(7)  氷、レモン、ミントを飾る。

 ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●吸い物●

 

【材料】(6人分)

・だし昆布………1枚

・いりこ……少々

・干しわかめ……適量

・紅白豆腐団子…12個

・春菊………適量

・ゆずの皮………適量

【作り方】

(1)  鍋に水1200リットルを入れ、いりこ、だし昆布を入れて煮る。沸騰前に火を止めていりこ、昆布を取り出す。薄口醤油を少し入れる。味を調える。

(2)  豆腐と白玉粉を混ぜて団子を作る。

(3)  お椀に団子、わかめ、春菊、ゆずの皮を入れ、汁を注ぎ入れる。

 ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●ちらし寿司●

 
 

【材料】(6人分)

・米………………3合

・塩……………小1と1/2Ⓐ

・酢……………70cc

・砂糖……………大2Ⓐ

・れんこん……60g

・便利酢………大2

・干しシイタケ……30g

・ごぼう………30g

・紅葉型人参…18個

・ぎんなん………18個

・人参の葉……適量

 

 

【具の煮汁】

・水…………1/2c

・砂糖…………小1

・薄口醤油……小1

【錦糸卵】

・卵……………2個

・砂糖…………小1

・塩……………少々

・サラダ油……適量

 

 

 【作り方】

(1)  米を洗って普通の水加減で炊く。

(2)  Ⓐ合わせ酢を作る。

(3)  れんこんは皮を剥き、薄い輪切りにする。茹でて便利酢に漬け込んでおく。

(4)  ごぼうはささがきごぼうにする。干しシイタケは水につけて戻し薄く切る。

(5)  具の煮汁を鍋に入れ(4)を加え煮る。

(6)  人参は輪切りにして茹でる。紅葉の形で抜く。

(7)  銀杏の皮を剥き茹でる。

(8)  錦糸卵を作る。

(9)  寿司桶にごはん、(3)(5)を入れ(2)を回しいれる。

(10) 器にすし飯を盛り、銀杏、人参のいちょう、錦糸卵、人参の葉を飾る。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

このページを見た方はこんなページも見ています

    CONTACT このページに関する
    お問い合わせ先

    浜田市 産業経済部 水産振興課
    入力フォームによるお問い合わせ

    QUESTIONNAIRE このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?