このページの本文へ移動

 

マサバ(2)

2018年 10月 15日

  • 印刷する

日本近海にいるサバはマサバとゴマサバの二種類で、島根県で水揚げされるサバのほとんどがマサバです。
旬のマサバは良質な脂肪含有量が多く甘味もあり、栄養豊かで美味。栄養素はEPA、DHA、鉄、ビタミンA・B1・B2、ビタミンDのほか、タウリンやカルシウムが豊富。
腹部が銀白色で丸く張っていて、背にある斑紋が鮮やかで目が澄んでいるものをえらびましょう。

 

旬な季節:3月~5月、9月~11月

 

・サバの照り焼き丼     ・焼きサバの酢味噌和え     ・焼きサバ入りコロッケ

・ネバネバ野菜とサバのマリネ

 

 ●サバの照り焼き丼●



【材料】(5人分)

・サバ…………2尾と半身

・小麦粉…………適量

・油……………適量

・醤油…………150cc

・みりん…………150cc

・酒……………150cc

・砂糖…………80g

・水……………150cc

・生姜…………少々

・ごはん………800g

・大葉…………5枚

・刻みのり……少々

・ごま…………適量

・うずら卵………5個 

 

【作り方】

(1)     サバを三枚おろしにして中骨の骨を抜き取る。

(2)     そぎ切りにして、小麦粉を付ける。

(3)     フライパンに油を敷き魚を焼く。焼きあがったら皿に移す。

(4)     フライパンの油をペーパーでふき取り、調味料Aと千切りの生姜を入れ、魚を並び入れて煮からめる。

(5)     大葉を千切りにする。

(6)     丼にごはん、サバの照り焼き、ごま、大葉、刻みのり、うずら卵を盛り付ける。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●焼きサバの酢味噌和え●

【材料】(5人分)

・サバ…………1尾と半身

・塩………………少々

・きゅうり………3本

・玉ねぎ………1/4個

・みょうが…………少々

・生姜…………少々

・酢……………大1と1/2

・味噌……………大1

・砂糖…………大1と1/2

・みりん………大1/2

 

 

【作り方】

(1)  三枚おろしにしたサバに塩を振り、10~20分置きグリルで焼く。

(2)  焼きあがったら中骨を除き、荒くほぐす。

(3)  きゅうりは輪切りにして、塩少々ふりしんなりしたら水気を絞る。

(4)  玉ねぎを薄切りして水にさらし、ザルにあげておく。

(5)  生姜を千切りにする。

(6)  みょうがを輪切りにして水にさらしあく抜きをする。

(7)  調味料Aを合わせて酢味噌を作る。

(8)  ボウルにサバ、胡瓜、玉ねぎ、生姜を入れ酢味噌で加える。

(9)  小鉢に盛り付け、みょうがをトッピングして飾る。

 ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●焼きサバ入りコロッケ●



【材料】(5人分)

・サバ…………1尾と半身

・塩…………少々

・じゃが芋……………300g

・玉ねぎ…………50g

・塩こしょう…………少々

・小麦粉……………適量

・パン粉…………適量

・小麦粉……………100g

・水…………160cc

・サラダ油………適量

・サラダ菜…………適量

・ミニトマト……5個

・市販のドレッシング

・とんかつソース 

・ケチャップ 

【作り方】

(1)  三枚おろしにしたサバに塩を振り20分置きグリルで焼く。

(2)  焼きあがったら中骨を除き、荒くほぐす。

(3)  じゃが芋は皮を剥き輪切りにして茹でる。

(4)  茹で上がったら湯切りをしてマッシュする。

(5)  玉ねぎはみじん切りにする。

(6)  ボウルに(2)(4)(5)を入れ混ぜ合わせて、5等分にする。

(7)  小判型または俵型にする。小麦粉を付ける。

(8)  小麦粉、水、卵で衣を作る。

(9)  (7)に衣をつけ、パン粉を付けて油で揚げる。

(10)  皿にサラダ菜、ミニトマトを添えコロッケを盛る。

(11)  好みでソースをかける。

 ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 ●ネバネバ野菜とサバのマリネ●



【材料】(6人分)

・サバ……………6切れ

・塩こしょう………少々

・片栗粉………適宜

・サラダ油・生姜…適宜

・玉ねぎ・人参……1/4個

・オクラ・トマト…適量

・長芋……………150g

・モロヘイヤ………少々

・かぼちゃ………60g

・サニーレタス……少々

・だし汁……………30ccⒶ

・酢……………大4Ⓐ

・醤油……………大3Ⓐ

・砂糖……………大2Ⓐ 

 

【作り方】

(1)  サバは三枚おろしにして中骨を取り、食べやすい大きさの削ぎ切りにする。塩こしょうを振る。水気を取り片栗粉をつける。

(2)  フライパンに0.5~1cmほど油を入れ、揚げ焼きにする。

(3)  玉ねぎを薄く切る。人参、生姜を千切りにする。

(4)  Ⓐの調味料を作り、(2)(3)を加えて漬け込む。

(5)  オクラを茹でて1cmの長さにし、トマトはサイコロ切りにする。

(6)  かぼちゃを茹でてサイコロ切りにする。

(7)  モロヘイヤを茹で、包丁でたたいておく。

(8)  長芋をサイコロ切りにし、酢水につけてアクを抜く。

(9)  サニーレタスは、食べやすい大きさにちぎる。

(10) お皿にすべての野菜を盛り、サバのマリネをのせる。

 ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る