このページの本文へ移動

ゲル充填人工乳房及び皮膚拡張器植込み患者等に対する情報提供

2021年 10月 1日

  • 印刷する

 令和3年7月30日、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会、日本形成外科学会、日本乳癌学会、日本美容外科学会の4学会より、本邦2例目となる乳房インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(BIA‐ALCL)の発生について公表がありました。

 本例では、薬事承認・保険適用の乳房インプラントを留置後、術後1年ごとに定期検診を受け、自己検診もされている中で、しこりの自覚から受診されました。その後、精査が行われ確定したものです。

 乳房インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(BIA‐ALCL)については、定期診察・自己検診が重要とされています。

自己検診法

 

 この件にかかる情報提供文書が、一般社団法人 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会のホームページに掲載されていますので、ご確認ください。

jopbs.umin.jp/general/ 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 健康福祉部 健康医療対策課
    電話:0855-25-9311   メールアドレス:kenko@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る