このページの本文へ移動

農山漁村振興交付金(山村活性化対策)事業実績・評価について

2020年 7月 8日

  • 印刷する

1 事業実施主体
 (所在)浜田市弥栄町長安本郷
 (名称)浜田地域広葉樹活用協議会

2 事業の目的
  市内の中山間地域に材積する広葉樹の活用によって、山村の活性化を図る。
  また、広葉樹の伐採から加工販売までを行う6次産業化を目標に、本格的な国内での販売に加え、
 最終的には海外への輸出を目指す。

3 令和元年度事業実績概要
 (1)地域企業と連携した「地産地消」の取り組み
    地域の木材関連企業と連携してネットワークを構築し、広葉樹を活用した6次産業化による地産地消の
   取り組みを展開した。

   ・伐採事業者との連携による原木調達
   ・製材業者との連携による製材加工
   ・製材品の木材乾燥 

 (2)商品開発
   ・オリジナル製品試作数…5点(うち製品化4点)
   ・試作品提供件数…2点

ダウンロード
事業評価  PDFファイル「令和元年度評価結果」(168KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 農林振興課
    電話:0855-25-9510   メールアドレス:nourin@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る