ここから本文です。

【防災危機】大雪に関する気象情報(2020年12月30日 09時41分)

 松江気象台によると、中国地方は30日から強い冬型の気圧配置となり、西日本の上空約1500メートルには、氷点下12度以下の強い寒気が流れ込む見込みです。強い冬型の気圧配置は1月1日頃にかけて続き、その後も続くおそれがあります。
 このため、島根県では、30日夕方から1月1日頃にかけて大雪となる見込みです。積雪や路面の凍結による交通障害に警戒してください。電線や樹木への着雪、なだれに注意してください。カーポートなどの簡易な建築物や老朽化している建築物などは倒壊のおそれがあるため、近寄らないよう注意してください。ビニールハウスは、倒壊のおそれがあるため注意してください。 
 また、海上を中心に30日昼前から夜のはじめ頃にかけて雪を伴った風が非常に強く、海上では30日夕方から夜遅くにかけて大しけとなるでしょう。高波に警戒してください。強風や雪による見通しの悪化にも十分注意してください。予想以上に冬型の気圧配置が強まった場合は、暴風雪となる可能性があります。

<雪の予想>
30日6時から30日18時までに予想される12時間降雪量は、いずれも多い所で、
 西部 平地   5センチ
    山沿い 10センチ
30日6時から31日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
 西部 平地  40センチ
    山沿い 50センチ
その後、31日6時から1月1日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
 西部 平地  20から40センチ
    山沿い 30から50センチ
その後も断続的に雪が降り、大雪が続くおそれがあります。

<風の予想>
30日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
 西部 陸上 16メートル(30メートル)
    海上 20メートル(30メートル)
31日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
 西部 陸上 12メートル(25メートル)
    海上 15メートル(25メートル)

<波の予想>
30日に予想される波の高さ
 西部 6メートル
30日夕方頃までに警報に切り替える可能性があります。

31日に予想される波の高さ
 西部 5メートル
その後もしける見込みです。
 
<道路情報>
 積雪は山間部に限らず平地部でも予想されています。
 冬用タイヤの装着、タイヤチェーンの携行など、いつも以上に雪への備えをした上で運転して下さい。

--------------------------
浜田市役所
防災安全課
0855-25-9122(直通)
--------------------------

このページを見た方はこんなページも見ています

    CONTACT このページに関する
    お問い合わせ先

    浜田市 総務部 防災安全課
    入力フォームによるお問い合わせ

    QUESTIONNAIRE このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?