このページの本文へ移動

引っ越したら住民票を移しましょう!

2021年 2月 1日

  • 印刷する

■引っ越したら住民票を移しましょう!

 

進学や就職などで引っ越しをされる方は、原則これから住む寮・アパートなどが新しい住所地になります。

忘れずに住民票を移しましょう。

住所の異動がある方は、住民基本台帳法に基づき、転出・転入の手続きをする必要があります。

上下水道やゴミ処理、道路・公園の整備などの役割は、住んでいる市区町村が担っています。

住民票は、こういった行政サービスや選挙人名簿への登録などにつながる大切な情報です。

住民票を移したら、選挙の投票はどこでできるの?

住民票を移してから3か月経過したら、引っ越し後の新しい住所地で投票できます。

もし、3か月経過する前に選挙があった場合は、引っ越し前の住所地で投票できます。

※引っ越し前の住所地で投票するためには、引っ越し前の住所地に3か月以上住んでいた必要があります。

※島根県知事選挙及び島根県議会議員では、県外に転出された方は投票ができません。

※浜田市長選挙及び浜田市議会議員では、市外に転出された方は投票ができません。

選挙の日に旧住所地に行けない場合は、投票できないの?

不在者投票ができます。

※不在者投票は、仕事や旅行などで、選挙期間中、現住所地以外の市区町村に滞在している方も、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で行うことができる制度です。

※投票用紙等の郵送に時間がかかる場合があります。お早めの手続きをお願いします。

不在者投票について

(1)投票用紙等の請求・・・選挙人名簿に登録されている市町村の選挙管理委員会に請求してください。

(2)郵送されてきた投票用紙等の受取り(※1)・・・投票用紙等が選挙管理委員会から送付されます。

(3)必要書類を持参して、最寄りの選挙管理委員会で投票(※2)


 

※1 送付された投票用紙等は開封すると無効となるものが含まれますので、ご注意ください。

※2 投票用紙に予め記入することはできません。最寄りの選挙管理委員会へお持ちの上投票の手続きを行ってください。

  

住民票異動に関する周知チラシ

住民票を移したら、新しい生活のはじまり

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る