このページの本文へ移動

【公共インフラ】電話リレーサービスについて

2021年 9月 17日

  • 印刷する

 令和3年7月1日より、公共インフラとして電話リレーサービスが開始されました。 
 電話リレーサービスとは、聴覚や発話に困難のある方(以下「聴覚障がい者等」といいます。)と聴覚障がい者等以外の方との会話を、通訳オペレータが手話・文字と音声を通訳することにより電話で双方向につなぐサービスです。

 電話リレーサービスに関するリーフレット

電話リレーサービスでできること

 (1)24時間365 日対応
 (2)緊急通報
 (3)通話の相手方との双方向での発信

 そのほか、お店への予約、家族・友人との連絡など、お互いにやりとりをすることが可能です。
 

利用について

 利用方法リーフレット

 聴覚障がい者等の方は、事前に利用登録(サービス専用番号の取得)が必要です。

登録対象者

  1 身体障害者手帳(聴覚障害、音声・言語機能障害)をお持ちの方
  2 聴覚や発話に困難があり、電話の利用ができない方 

 登録方法はオンラインまたは郵送で行うことができます。
 詳細は
電話リレーサービス提供機関ホームページ(外部リンク)から確認できます。

問い合わせ先

  電話リレーサービス提供機関:(一財)日本財団電話リレーサービス(外部リンク)
  電話番号:03-6275-0912  受付時間:9:00~18:00(年末年始を除く)

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市健康福祉部 地域福祉課 障がい福祉係
    電話:0855-25-9322   FAX:0855-22-9733   メールアドレス:fukushi@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る