このページの本文へ移動

ふるさと郷育の推進

2021年 12月 3日

  • 印刷する

浜田市のふるさと郷育

 浜田市では、地域の「ひと・もの・こと」を活用した教育活動を通じて、ふるさとへの愛着や誇りを醸成し、心豊かでたくましく、未来を担う子どもを育成することを目的として、市内の小中学校において各学年35時間以上のふるさと学習を実施しています。
 また、市内小学校に対して、「浜田市の人物読本ふるさとの50人」を4年生に、「浜田市の歴史読本ふるさと浜田の歩み」を6年生に配布し、郷土の偉人や本市の歴史を分かりやすく紹介する副読本を配布しています。
 更に、地域においてもまちづくりセンターを中心に学校と連携したふるさと郷育が行われており、地域、学校、家庭が一体となって子どもの育ちを支える機運を醸成しながら「ふるさと郷育」を体系的に推進しています。

※浜田市の教育資源(ひと・もの・こと)を活かした教育活動を推進するため、本市の理念として、ふるさと教育の「教」を「郷」の字に置き換えて「郷育(きょういく)」としています。

ふるさとの50人     ふるさと浜田の歩み

 海洋教育・自然体験学習

 ふるさと郷育の推進のため、学校教育の中で本市の豊かで美しい「海・山・川」などの自然を活用した体験活動や海洋教育が実施されるよう、公立幼稚園、小学校を対象とした海洋教育・自然体験活動推進事業を実施しています。
 また、実践した内容と取りまとめた「活動実践事例集」を作成し、事業の見える化や小中学校間での情報共有を図っています。
 

 海洋教育の様子

 取組事例

[令和2年度]

 特色あるふるさと教育事例集 (PDFデータ)

 特色ある自然体験活動実践事例集 (PDFデータ)

 海洋教育実践事例集 (PDFデータ)

 

 

 

関連情報
浜田市の人物読本ふるさとの50人の一般販売
文化財書籍のご案内

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る